きものギャラリー(商品紹介)

商品一覧へ戻る

組帯(伏絹)②

630,000円(税別)

布には「不織布」「織物」「組物」「編み物」があります。

古来、日本では「組物」が最高のものとされていました。正倉院に残る組の束帯を、現代女性の袋帯に再現したのが山田眞治さんです。山田さんは20年の歳月をかけて完成させ、伝統文化賞を受賞しました。

経糸のみを交差させてできる組帯は、締めやすく、

また、立体的に見える文様は、合わせる着物を選びません。

こちらの帯は「伏絹」になります。

 

 

お仕立て(国内仕立て)も承っております。

加工料金はお問い合わせ下さい。

 

帯の色が若干暗くなっております。実際はもう少し明るく、クリームがもう少し強いです。

なので、年代は20代~30代くらい。

組帯(伏絹)②のご注文はこちらから

郵便番号が不明の方はこちら

トップへ戻る