きものギャラリー(商品紹介)

商品一覧へ戻る

博多織 名古屋帯 No.1

65,000円

博多帯の代表は、「博多献上帯」です。江戸時代に、博多の黒田藩が徳川将軍に献上したことからこの名があります。

画像ではハッキリしませんが、献上柄には次のような意味があります。

二筋の柄文様は、独鈷(どっこ)という仏具を転がした時に出来る模様で「除災・厄除け」を意味します。

三つの筋の柄文様は花皿という仏具の模様で、「招福」を意味します。

細い縞模様は「子持縞」と呼ばれ、人間にとって一番大切な親孝行を意味します。

だから、現代までも、長く愛され続ける柄文様なのです。

 

合わせた着物は、「秦荘紬」http://www.orieya.com/kimonogallery.php?itemid=227&catid=19

 

お仕立て(国内仕立て)も承っております。

加工料金はお問い合わせ下さい。

 

博多織 名古屋帯 No.1のご注文はこちらから

郵便番号が不明の方はこちら

トップへ戻る